上ノ山貝塚

読み方 うえのやま-かいづか
住所 緑区鳴海町字上ノ山
場所 地図
時代 縄文早期~
遺構 貝塚
遺物 縄文土器(早期後半)・石器(石鏃・石錘)・貝(ハイガイ・イタボガキ・ハマグリ・アサリ・カキなど)
発掘調査 昭和のはじめに野村三郎によって発見された。
昭和11-12年(1936-1937年)に吉田富夫・杉原荘介によって発掘調査が行われた。
現状 道路・住宅・その他
【メモ】
天白川左岸の丘陵西麓斜面に位置する。標高約5m。
天白川沿岸ではもっとも奥で確認された貝塚。
面積50平方メートルほどの小規模貝塚。
宅地化されて滅失。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up