仁所遺跡

読み方 にしょ-いせき
住所 瑞穂区丸根町2丁目・仁所町1・2丁目・軍水町2・3丁目
場所 地図
時代 弥生・古墳・中世
遺構 土抗・遺物散布地
遺物 弥生土器(欠山式・山中式)・須恵器・土師器・山茶碗・土鍋・行基焼・古瀬戸
発掘調査 昭和24年(1949年)、名古屋大学によって発掘された。
昭和63年(1988年)に名古屋市教育委員会が調査を行った。
現状 仁所公園・住居・道路・その他
【メモ】
瑞穂台地の東縁、天白川に面して立地する。標高約10-15m。
中根銅鐸出土地を含めて弥富遺跡ともいう。
住宅街となり壊滅。一部残存。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up