白川公園遺跡

読み方 しらかわこうえん-いせき
住所 中区栄2丁目・大須2丁目
場所 地図
時代 縄文・古墳・平安・中世・近世
遺構 遺物散布地
遺物 縄文土器片(中期末から晩期後半)・土師器・須恵器・灰釉陶器・山茶碗・近世陶器
発掘調査 昭和51-52年(1986-1987年)名古屋市教育委員会による第2次調査。
現状 白川公園・住宅・道路・その他
【メモ】
白川公園と南の若宮大通を範囲とする。
三蔵通遺跡と旧紫川遺跡の東側に隣接し、那古野台地(熱田台地)上、標高5-8mの台地平坦面にある。
 

白川公園

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up