大曲輪遺跡

読み方 おおぐるわ-いせき
住所 熱田区山下通5丁目
場所 地図
時代 旧石器・縄文・弥生・古墳
遺構 貝塚・住居跡(古墳)・遺物散布地
遺物 縄文土器(爪形文・石山式・鉾ノ木式など)・石器(打製石斧・磨製石斧・石鏃・石剣など)・黒曜石・土製品(土偶片・耳飾など)・甕棺・人骨・動物骨(鹿・猪・亀・犬など)・貝(カキ・ハマグリ・ハイガイ・アサリなど)・土師器・須恵器
発掘調査 昭和14年(1939年)、名古屋市綜合運動場(瑞穂グラウンド)建設中に発見された。
小栗鉄次郎・樋口敬治・吉田富夫・坪井邦夫らによって数回の発掘調査が行われた。
昭和54年から55年(1979-1980年)にかけて名古屋市教育委員会が調査を行った。
現状 瑞穂運動場・その他
【メモ】
弥富丘陵の西側末端に位置している。標高約7m。
貝塚は南北18m・東西20mほどの範囲。
昭和16年(1941年)に国指定の史跡となった。
人骨の一体(縄文前期)は子犬を抱いた恰好で埋葬されており、35-40才の男性と考えられる。8本の抜歯が認められる。

HOME 〉 旧石器時代 〉

Scroll Up