古観音廃寺跡

読み方 こかんのんはいじ-あと
住所 昭和区長戸町1丁目・塩付通5丁目
場所 地図
時代 奈良
遺構 廃寺跡
遺物 鬼瓦・軒丸瓦・礎石
発掘調査
現状 住居・道路・その他
【メモ】
奈良時代に建てられた大寺院の跡地と考えられている。
『尾張志』(1844年)は、昔はいみじき伽藍の霊場だったが乱世の放火によってことごとく灰燼に帰したと書いている。

HOME 〉 その他 〉

Scroll Up