若葉通遺跡

読み方 わかばどおり-いせき
住所 北区若葉通4・5丁目、石園町2・3丁目
場所 地図
時代 弥生・古墳
遺構 遺物散布地
遺物 弥生土器(ほぼ完全に復元できた後期山中式期の台付甕2点)土師器・須恵器
発掘調査 平成元年(1989年)に名古屋市教育委員会が調査を行った。
現状 道路・住居・その他
【メモ】
庄内川と矢田川流域の沖積平野上に位置する。標高約7m。
那古野台地(熱田台地)の北約1kmに立地する。西約2.5kmに弥生時代の拠点的集落だった西志賀遺跡がある。
地表下1-4mで土師器、須恵器出土。
残存。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up