高田古墳

読み方 たかだ-こふん
住所 瑞穂区高田町3丁目
場所 地図
年代 5世紀中頃
形状・規模 前方後円墳・全長約80m(87mとも)・高さ7m
出土品・遺構 鉄剣・鉄鏃・鉄器片・土師質円筒埴輪・形象埴輪片
発掘調査 昭和30年(1955年)、名古屋大学考古学研究室が調査を行った。
現状 名古屋経済大学高蔵中高校
【メモ】
五中山古墳とも。
南方に小型の円墳4基があった。
南方に奈良時代の竪穴住居跡があったともいう。
消滅。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up