勝手塚古墳

読み方 かってづか-こふん
住所 守山区大字上志段味字中屋敷
場所 地図
年代 5世紀末~6世紀前半
形状・規模 帆立貝形前方後円墳・墳丘長約53m、後円部経39m、高さ6.5m、前方部幅21m、高さ2.3m 後円部は二段築成 周濠あり(二重だったと考えられている)
出土品・遺構 周溝・周堤・円筒埴輪・土師質・須恵質埴輪片
発掘調査 昭和47年(1972年)に愛知大学歴史学研究室が測量調査を行った。
現状 勝手社
【メモ】
庄内川中流域左岸の河岸段丘面上に立地する。標高約43m。
二重周堀二段築成。
後円部頂上に勝手社の社殿、前方部に秋葉社を祀る。
後円部墳麓に円筒埴輪あり。
外湟は道路となる。内湟は北側から後円部。背後に亘って水をたたえる。巾7~8m。
残存。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up