長戸町遺跡

読み方 ながとちょう-いせき
住所 昭和区南分町3丁目・長戸町3・4丁目
場所 地図
時代 縄文・弥生・古墳
遺構 堅穴住居・遺物散布地
遺物 縄文土器片(中期)・石器(磨製石斧)・黒曜石片・土師器・須恵器・山茶碗
発掘調査 昭和24年(1949年)、澄田正一が調査を行った。
昭和9年(1934年)、昭和46年(1971年)に吉田富夫が古墳末期の土師器、須恵器、中世の山茶碗を採集した。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up