大根貝塚

読み方 おおね-かいづか
住所 緑区松が根台
場所 地図
時代 縄文(前期)
遺構 貝塚
遺物 縄文土器片(前期のもを主体)・石器(石匙2点・剥片)・貝(マガキ・ハイガイ・アカニシなど)・鹿角の小片
発掘調査 昭和33年(1958年)に、森達也によって発見された。
同年、昭和34年、昭和45年にも森らによって調査が行われた。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
天白川に西面する浸食谷の谷口に位置する。標高約5m。
東西約10m、南北約5mの楕円形、面積30平方m程度の小貝塚。
住宅が建ち滅失。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up