本城町遺跡

読み方 ほんじょうちょう-いせき
住所 南区本城町1・2・3丁目
場所 地図
時代 縄文・弥生・古墳・近世
遺構 竪穴式遺構・濠状遺構・土壙群・遺跡散布地
遺物 縄文土器・弥生土器(広口壺・台付甕・ミニチュア土器・高杯など)・土師器・須恵器・近世陶器・山茶碗・半磨製石斧
発掘調査 昭和38年(1963年)、宅地造成工事の際に竪穴式遺構や弥土器が見つかった。
昭和39年、紅村弘や飯尾恭之による発掘調査が行われた。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
笠寺台地の南端近くに位置する。標高約10m。
笠寺台地の最南端の弥生遺跡。
本城町1丁目・2丁目遺跡、本城町低地遺跡をまとめて本城町遺跡と改称。
弥生後期の集団墓地(20ヶ所)が見つかっている。
土壙は長さ4.5-5.5m、幅1.2-1.5mで、深さは1m前後。U字型の溝。
住宅地となり壊滅。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up