東谷山1号~34号墳

読み方 とうごくさん-1ごう~34ごうふん
住所 守山区大字上志段味字東谷
場所 地図
年代 6世紀はじめから7世紀前半にかけて。
34号墳は8世紀前後で、終末期に当たる。
形状・規模 1号墳 円墳・直径15m、高さ2m(消滅)
2号墳 円墳(消滅)
3号墳 円墳・直径22m、高さ2m(消滅)
4号墳 円墳・直径12m、高さ2m(消滅)
5号墳 円墳・直径8m(消滅)
6号墳 円墳・直径10m(消滅)
7号墳 円墳(一部残存)
8号墳 円墳(一部残存)
9号墳 円墳・直径10-15m(消滅)
10号墳 円墳(一部残存)
11号墳 円墳(消滅)
12号墳 円墳・直径8m、高さ1m(残存)
13号墳 円墳(消滅)
14号墳 円墳・直径15m、高さ2.5m(消滅)
15号墳 円墳・直径13m、高さ1.5m(消滅)
16号墳 一辺14mの方墳(円墳?)(残存)
17号墳 円墳(消滅)
18号墳 円墳(消滅)
19号墳 円墳(一部残存)
20号墳 円墳(残存)
21号墳 円墳(残存)
22号墳 円墳(石室残存)
23号墳 円墳(一部残存)
24号墳 円墳(一部残存)
25号墳 円墳(石室が露出)
26号墳 円墳(消滅)
27号墳 残存(石室が露呈)
28-A号墳 (残存)
28-B号墳 円墳・直径15m(残存)
29号墳 円墳(消滅)
30号墳 円墳
31号墳 残存(石室の基底部のみが露呈)
32号墳 消滅
33号墳 消滅
34号墳 円墳(残存)
出土品・遺構 須恵器・金環・横穴式石室・銀環・人骨・葺石・装身具・鉄製品・武器・埴輪・臼玉・土師器・山茶碗
発掘調査
現状 東谷山フルーツパーク・雑木林・住居・道路・その他
【メモ】
尾張地方最大の群集墳。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up