鉾ノ木遺跡

読み方 ほこのき-いせき
住所 緑区鳴海町字鉾ノ木・字片平
場所 地図
時代 縄文早期~・古墳・奈良・平安・中世
遺構 溝状遺構・貝塚・遺物散布地
遺物 縄文土器片・貝(ハイガイ・カキ・ハマグリ・アサリなど)・動物の骨(シカ・イノシシなど)・須恵器・山茶碗片・常滑・古瀬戸・土釜片・瓦
発掘調査 昭和元年(1926年)に野村三郎によって発見。
昭和11-12年(1936-1937年)、吉田富夫・杉原荘介によって発掘調査が行われた。
昭和40年(1965年)に調査。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
天白川左岸の丘陵末端傾斜面に位置する。
名古屋市有地として一部残存。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up