志段味大塚古墳

読み方 しだみおおつか-こふん
住所 守山区大字上志段味字大塚
場所 地図
年代 5世紀後半
形状・規模 帆立貝形前方後円墳・墳丘長約54.5m 周濠あり
出土品・遺構 粘土槨・周溝・五鈴鏡・馬具・金銅製帯金具・武具・埴輪・葺石・円筒埴輪・須恵器(高坏・蓋・壺)
発掘調査 大正12年(1923年)に梅原末治らが発掘調査を行った。
昭和57-58年(1982-1983年)に愛知県教育委員会が測量調査を行った。
平成17-19年(2005-2007年)に名古屋市教育委員会が発掘調査を行った。
現状 雑木林
【メモ】
標高49-50mの中位段丘面の縁部分に大久手古墳群とともに立地している。
大塚1号墳とも。
前方部は削平、直径25mの後円部、後円部も南半土取りのため削られる。
残存。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up