大喜梅林遺跡

読み方 だいきばいりん-いせき
住所 瑞穂区大喜町1丁目
場所 地図
時代 弥生後期・古墳・中世
遺構 貝塚・遺物散布地
遺物 弥生土器(欠山式)・土師器・須恵器(古墳)・山茶碗・行基焼・貝
発掘調査 大正時代に柚木和夫が、昭和に北村斌夫が遺物を採集。
昭和14年(1939年)に坪井邦夫が土器などを採取。
現状 市営大喜荘・住居・道路・その他
【メモ】
瑞穂台地の西縁に位置する。標高約10m。
田光梅林遺跡とも称した。
寺院址も存在したのではないかという。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up