東大久手古墳

読み方 ひがしおおくて-こふん
住所 守山区大字上志段味字大塚
場所 地図
年代 5世紀後半
形状・規模 帆立貝形前方後円墳・墳丘長約37.5m 周濠あり
出土品・遺構 周溝・円筒埴輪片・須恵器(高坏・蓋・壺)
発掘調査 昭和57-58年(1982-1983年)、愛知県教育委員会が測量調査を行った。
平成17-19年(2005-2007年)に名古屋市教育委員会が発掘調査を行った。
現状 雑木林
【メモ】
大久手1号墳とも。
直径28m高さ0.8mの後円部のみが残る。
周堀がある。畦畔の形が堀の形を残している。
残存。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up