城山古墳群

読み方 しろやま-こふんぐん
住所 千種区城山1丁目
場所 地図
年代 5世紀末から6世紀後半か
形状・規模 城山1号墳 円墳・残存直径約10m、高さ1.2m(消滅)
城山2号墳 (消滅)
城山3号墳 円墳・直径約19m(消滅)
城山4号墳 円墳(消滅)
城山5号墳 詳細不明(消滅)
城山6号墳 詳細不明(消滅)
出土品・遺構 横穴式石室・埴輪(朝顔型・円筒)・壺・須恵器・鉄刀・金環・耳飾
発掘調査 昭和3年(1928年)に小栗鉄次郎らによって調査された(3号墳)。
昭和57年(1982年)に南山大学が発掘調査を行った(1号墳)。
現状 寺院・住宅・道路・その他
【メモ】
標高約40mの丘陵上に築造された5-6基の古墳群。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up