名古屋城天守閣貝塚

読み方 なごやじょうてんしゅかく-かいづか
住所 中区本丸
場所 地図
時代 縄文・弥生・古墳・奈良・平安
遺構 貝塚(消失)
遺物 縄文土器・弥生土器・須恵器(古墳)・灰釉陶器(平安)・宋銭
発掘調査 昭和32年(1957年)、天守再建のため旧跡を掘ったところ、貝層が見つかった。ただし、他から運ばれた盛り土の可能性もある。
現状 名古屋城本丸
【メモ】

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up