雷貝塚

読み方 いかずち-かいづか
住所 緑区鳴海町字白山・字矢切
場所 地図
時代 縄文草創期~・弥生中期
遺構 貝塚(晩期前半)
遺物 縄文土器・土製耳飾・石器(石斧・石鏃・石剣など)・有舌尖頭器・貝(ハマグリ・オキシジミ)・牙製勾玉・人骨(30体以上)・動物骨(イヌ・イノシシ・シカ)・魚骨(マイワシ・スズキ・タイ・サバ・マフグなど)
発掘調査 昭和2年(1927年)、なるみ荘建設の際の工事中に発見された。
現状 鳴海教会・住宅・道路・その他
【メモ】
天白川東岸の丘陵地に位置する。標高約15m。
名古屋市を代表する縄文時代貝塚で、長径50m、短径20m、厚さ50mほどのハマグリが主の大型貝塚。
人骨30体以上が出土。
宅地となり宅地内に貝殻が散布する。
一部残存。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up