比良遺跡(月縄手遺跡)

読み方 ひら-いせき(つきなわて-いせき)
住所 西区比良3丁目
場所 地図
時代 弥生・古墳
遺構 水田耕作土・土抗(竪穴住居の柱穴か)・溝(環濠か)・遺物散布地
遺物 弥生土器(遠賀川式の太顎壺・甕・鉢・蓋)・石器(石鏃・石錘・削器・砥石など)
発掘調査 昭和60年(1985年)、名古屋環状2号線建設に伴い、愛知県埋蔵文化財センターによって試掘調査が行われた。
昭和62年と平成4年に本調査が実施された。
現状 高速道路・城北線・道路・その他
【メモ】
庄内川の北、新川の南、新地蔵川に挟まれた沖積微高地上に位置している。標高約4m。
月縄手遺跡ともいう。
残存。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up