石神遺跡

読み方 いしがみ-いせき
住所 緑区大高町字石神・字西向山
場所 地図
時代 弥生・平安・中世
遺構 竪穴住居跡・遺物散布地
遺物 弥生土器(壺・台付甕・高杯片)・須恵器・山茶碗・古瀬戸片
発掘調査 昭和40年代後半から土器の散布が確認されていた。
平成5年(1993年)に名古屋市教育委員会により範囲確認調査が行われた。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
知多半島の付け根近くの丘先端に立地する。標高約32m。
残存。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up