白鳥古墳(熱田)

読み方 しろとり-こふん
住所 熱田区白鳥1丁目
場所 地図
年代 5世紀末とも6世紀後半ともされ定かではない
形状・規模 前方後円墳 全長70m(74mとも)、後円部径45m、高さ6.5m、前方部長30m、幅55m、高さ7m(いずれも現存値)
出土品・遺構 須恵器・須恵質円筒埴輪・六鈴鏡・直刀・小刀・勾玉・管玉・馬具
発掘調査
現状 史跡として現存・一部法持寺
【メモ】
熱田台地の南方、西の縁近くに立地する。
少し北に断夫山古墳がある。
ほぼ墳丘を残すが前方部の一部が削られている。
二段築成の可能性あり。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up