下寺林古墳

読み方 しもてらばやし-こふん
住所 守山区大字上志段味字下寺林
場所 地図
年代 昭和12年(1937年)頃に隣接する家屋の増築に際して墳丘が削られた。このとき墳丘裾から遺物の入った甕が出土した。
形状・規模 円墳・直径20m、高さ3m
出土品・遺構 石釧・銅鏡・埴輪片・甕
発掘調査
現状 住居・道路・その他
【メモ】
野添川西方の段丘面上に立地する。標高約40m。
寺林1号墳とも。
残存。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up