森後町遺跡

読み方 もりごちょう-いせき
住所 熱田区森後町・玉の井町
場所 地図
時代 弥生・古墳・奈良・平安・中世
遺構 溝・方形周溝墓?・遺物散布地
遺物 弥生土器(S字甕・高杯)・須恵器・山茶碗・中世陶器片・犬の歯、足、肋骨
発掘調査 昭和45年(1970年)、工事の際に小原博樹が弥生土器などを発見した。
昭和57年(1982年)の水道工事の際に名古屋市教育委員会が立ち会い調査を行った。
現状 森後公園・住居・道路・その他
【メモ】
熱田台地の南、中央部に立地する。標高約10m。
すぐ北に玉ノ井遺跡、その北に高蔵遺跡が位置している。
道路工事により破壊されたが、道路下に遺跡の大部分が凍結しているピット状遺構。
犬の墓らしい痕跡が見つかった。
残存。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up