竪三蔵通遺跡

読み方 たてみつくらどおり-いせき
住所 中区栄1丁目
場所 地図
時代 旧石器・縄文草創~晩期・弥生・古墳・奈良・戦国・江戸・他
遺構 古墳から奈良にかけての土坑・柱穴、古墳時代の縦穴住居跡・掘立柱跡、戦国から江戸にかけての溝・土坑・穴蔵など
遺物 旧石器時代のナイフ型石器(剥片)、縄文時代の有舌尖頭器・土器・石錘、石匙、弥生時代後期の土器(高杯など)、古墳時代の土師器・須恵器・銅鏃・鉄鏃、中世から近世にかけての山茶碗・陶器・陶磁器など
発掘調査 昭和45年(1970年)頃から知られていた。
昭和58年(1983年)より平成10年(1998年)までに名古屋市教育委員会による14次の調査が行われた。
現状 宅地・公園・栄小学校・その他
【メモ】
熱田台地の西縁部に位置する。標高は5-10m。
南には旧紫川遺跡がある。
栄1丁目の南半分、範囲は南北約240m、東西約450m。
名古屋最古の石器の出土地として知られる。そのナイフ型石器は3万年前の旧石器時代のものとされる。
熱田台地中央分西端で、縄文時代はすぐ西が海で南には紫川が流れていた。
江戸時代には名古屋城下となり、近世にかけて人が暮らし続けた地で、名古屋を代表する複合遺跡のひとつとなっている。

HOME 〉 旧石器時代 〉

Scroll Up