牛牧離レ松遺跡

読み方 うしまきはなれまつ-いせき
住所 守山区城土町
場所 地図
時代 弥生・古墳
遺構 土壙・溝(弥生)・方形周溝墓・方墳(古墳)・遺物散布地
遺物 弥生土器(土器棺)・土師器・須恵器・埴輪
発掘調査 昭和39年(1964年)に行われた川東山古墳群の発掘調査中に発見された。
その後、名古屋市教育委員会の依頼を受けた久永春男らによって調査された。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
庄内川右岸に広がる平坦な段丘上に位置する。小幡緑地西園の北約100m。標高約32m。
谷を隔てて南西約400mに牛牧遺跡がある。
住宅地になり消失。
方形周溝墓があったとも。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up