市場遺跡

読み方 いちば-いせき
住所 南区笠寺町市場・市場東・中切
場所 地図
時代 縄文早期・弥生・古墳・奈良・平安・中世・近世
遺構 貝塚・溝状遺構・遺跡散布地
遺物 縄文土器・弥生土器(壺片)・人面土器片(弥生中期)・石器(石鏃・石匙・敲石・凹石など)・貝(ハイガイ・ハマグリなど)・須恵器・土師器・中世陶器・近世陶器・人面土器・
発掘調査 昭和9年(1934年)頃、吉田富夫が調査を行った。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
天白川右岸の笠寺台地南東縁に位置している。標高約6-12m。
縄文時代から近世に到るまでの各時代の遺物が確認されている。
住宅地となり壊滅。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up