朝日遺跡

読み方 あさひ-いせき
住所 西区長先町・中沼町・浮野町・上橋町・見寄町(清須市にまたがる)
場所 地図
時代 縄文中期~・弥生・古墳前期
遺構 縄文時代貯蔵穴・方形周溝墓・竪穴住居跡・貝殻山貝塚(清須市)・環濠集落・遺物散布地
遺物 縄文土器・石器(打製石斧・磨製石斧・石鏃・皿・棒・剣など・下呂石)・弥生土器(前期から終末期まで・遠賀川式・S字甕など)・木器(鍬・鋤・・臼・杵・下駄など)・武器・祭器・骨角製品・動物骨・須恵器・銅製品・銅鐸の鋳型片・人骨・貝
発掘調査 大正時代に発見。
昭和44年(1969年)愛知県教育委員会による予備調査。
昭和54年(1979年)名古屋市教育委員会による調査。
昭和63年(1988年)愛知県埋蔵文化センターによる調査。
以下十数度の調査が行われる。
現状 高速道路・住居・道路・田畑・その他
【メモ】
東海地方最大級の縄文から弥生時代にかけての遺跡。
濃尾平野の沖積地、五条川左岸の標高2-4mの微高地上に位置する。
主な範囲は清須市ながら一部西区にもかかる。
東西約1.4km、南北約0.8kmの範囲。
拠点集落の他、環濠、方形周溝墓、玉造工房などが見つかっている。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up