東古渡町遺跡

読み方 ひがしふるわたり-いせき
住所 中区金山1丁目・熱田区金山町1丁目
場所 地図
時代 縄文・弥生・古墳・奈良・平安・中世
遺構 貝塚・竪穴住居跡・方形周溝墓・濠状遺構・住居跡・後期古墳10数基・遺物散布地
遺物 縄文土器片・深鉢形土器片・打製石斧・礫石錘・弥生土器・須恵器・貝(シジミ)・動物骨(ウマ)・瓦・青磁・山茶碗・埴輪
発掘調査 昭和44年(1969年)、地下鉄工事の際に貝層が見つかる。
昭和62年(1987年)から平成10年(1998年)にかけて名古屋市教育委員会が6次の発掘調査を行った。
現状 金山総合駅・鉄道・店舗・道路・住居・その他
【メモ】
熱田台地中央分、東縁に位置する。標高約9-10m。
東西500mともっとも幅が狭くなるところにある。
金山駅南一帯が範囲。
金山橋遺跡より改称。
消失。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up