伊勢山中学校遺跡

読み方 いせやまちゅうがっこう-いせき
住所 中区正木2・3丁目
場所 地図
時代 弥生・古墳・中世
遺構 住居跡・竪穴住居跡(弥生)・集落跡・遺物散布地
遺物 弥生土器片(壺・甕・高杯)・土師器・須恵器・山茶碗
発掘調査 昭和58年(1983年)からの名古屋市教育委員会による調査で古墳時代を中心とした集落跡として知られるようになる。
現状 伊勢山中学校・住宅・道路・その他
【メモ】
熱田台地中央部、西縁に立地する。標高約8-9m。
北の正木町遺跡と隣接する。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up