正木町遺跡

読み方 まさきちょう-いせき
住所 中区正木1・2丁目・古渡町
場所 地図
時代 弥生・古墳・奈良・平安・中世・近世
遺構 貝塚・住居跡・方形周溝墓(弥生中期)・溝・土抗・遺物散布地
遺物 弥生土器(壺など)・土師器・須恵器・山茶碗・近世陶器・剣形石製模造品・臼玉・有孔砥石
発掘調査 昭和20年代から北山斌夫によって古墳時代遺跡として知られていた。
名古屋市教育委員会などが数回にわたる調査を行った。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
熱田台地中央分西縁に立地する。標高約8-9m。
南の伊勢山中学校遺跡に隣接する。
正木町貝塚より改称。
古墳時代後半に大規模集落へと発展していったようだ。
残存。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up