欠上貝塚

読み方 かけがみ-かいづか
住所 瑞穂区大喜町1丁目・田光町1・2丁目・上坂町2丁目
場所 地図
時代 縄文早期~・弥生・古墳・中世
遺構 貝塚
遺物 縄文土器(粕畑式・上ノ山式・石山式)・貝(ハイガイ・カキ・オキシジミなど)・石鏃1点・イノシシの骨・弥生土器・須恵器・土師器・行基焼
発掘調査 昭和14年(1939年)、土木工事中に発見され、坪井邦夫や吉田富夫らによって遺物採集と調査が行われた。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
新堀川(かつての精進川)が流れる谷に面した瑞穂台地西南端に位置する。標高約10m。
かつての瑞穂台地は更に西に延びていたと考えられている。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up