上ノ山遺跡

読み方 うえのやま-いせき
住所 緑区鳴海町字上ノ山
場所 地図
時代 縄文・弥生・古墳・中世
遺構 竪穴住居跡・遺物散布地
遺物 縄文土器・弥生土器・土師器・山茶碗・須恵器・石器・埴輪・直刀
発掘調査 昭和38年(1963年)、宅地造成の際に発見された。
飯尾恭之・竹田速夫が以降の確認と遺物の採集を行った。
現状 八幡社・住宅・道路・その他
【メモ】
丘陵地帯の北端近くに位置する。標高約30m。
宅地造成により滅失。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up