東禅寺1号~5号墳

読み方 とうぜんじ1ごう~5ごう-ふん
住所 守山区大字下志段味字上東禅寺
場所 地図
年代 5世紀後半から7世紀初め
形状・規模 1号墳 円墳・直径10m、高さ2m(消滅)
2号墳 円墳・直径15-20m(消滅)
3号墳 円墳・直径3m、高さ0.3m(残存部)(消滅)
4号墳 円墳・直径30m、高さ3m(消滅)
5号墳 円墳・直径2.4m、高さ0.5m(残存部)(消滅)
出土品・遺構
横穴式石室・葺石・太刀・鍔・須恵器(高坏・壺・瓶など)・馬具・装身具・鉄鏃・ガラス管玉・鉄製武器
発掘調査 昭和39年(1964年)と昭和42年次愛知県教育委員会によって発掘調査が行われた。
現状 高速道路・守山PA・その他
【メモ】
庄内川に向かって広がる竜泉寺丘陵北側、段丘の先端に立地する。標高約40m。
消滅。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up