旧紫川遺跡

読み方 きゅうむらさきがわ-いせき
住所 中区大須1・2丁目
場所 地図
時代 旧石器・縄文草創期~晩期・弥生・古墳・奈良・平安・中世・近世
遺構 集落の存在が推定される・石垣
遺物 旧石器時代石器・縄文土器(押型文土器)・弥生土器(壺・パレススタイル壺)・須恵器・中世陶器・近世陶器・石器・有舌尖頭器・土師器
発掘調査 昭和57年(1982年)、工事の際に発見された。
現在までに名古屋市教育委員会などにより7次の発掘調査が行われている。
現状 若宮大通・住宅・その他
【メモ】
熱田台地の中央部、西端に立地する。
現在の標高は約7-8m。本来は標高2mほどの谷底だった。
戦後谷は埋め立てられ、若宮大通が作られた。
遺跡名はかつてここを流れていた紫川より採られている。

HOME 〉 旧石器時代 〉

Scroll Up