尾張元興寺跡

読み方 おわりがんごうじ-あと
住所 中区正木4丁目
場所 地図
時代 弥生・古墳・奈良・平安・中世
遺構 寺院跡・竪穴住居跡(古墳)・溝
遺物 弥生土器・須恵器・土師器・平安陶器・山茶碗・硯・瓦(軒丸・軒平・丸・平)
発掘調査 江戸時代から瓦が見つかっていた。
昭和27年(1952年)、名古屋大学の佐々木隆美らによって発掘調査が行われた。
昭和28年の道路工事の際にも瓦が見つかった。
昭和55年、名古屋市教育委員会が調査。
昭和59年、見晴台考古資料館が発掘調査。
現状 住居・道路・その他
【メモ】
熱田台地中央分、西縁近くに立地する。
尾張最古級の寺院と考えられている。
願興寺とも。

HOME 〉 その他 〉

Scroll Up