尾張戸神社古墳

読み方 おわりべじんじゃ-こふん
住所 守山区大字上志段味字東谷
場所 地図
年代
形状・規模 円墳・直径35m 方形または前方後円墳だったという説もある。
出土品・遺構 葺石・埴輪・中世の遺物
発掘調査 昭和61年(1986年)、名古屋市教育委員会による測量調査が行われた。
平成10年(1998年)七原恵史らが測量調査が行った。
発掘調査は行われていない。
現状 尾張戸神社
【メモ】
標高198.3mの東谷山山頂に位置する。
墳頂に尾張戸神社を祀る。
尾張地方で最古級の古墳の可能性がある。
残存。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up