東郷梅遺跡

読み方 ひがしごうめ-いせき
住所 南区桜台2丁目
場所 地図
時代 弥生・古墳
遺構 貝塚・遺物散布地
遺物 弥生土器(壺・高杯・鉢・甕)・石器(磨製石斧・磨石・砥石・凹石・石鏃など)・須恵器・円筒埴輪・貝(ハマグリ・カキなど)
発掘調査 昭和2年(1927年)、柴田常恵が発掘調査を行った。
昭和9年、土地の区画整理の際に貝層が発見された。
小栗鉄次郎が調査が行われ、弥生土器・石器・貝類・須恵器・円筒埴輪・管玉などが採集された。
現状 桜小学校・住宅・道路・その他
【メモ】
笠寺台地の東縁近くに立地する。かつて台地の東はあゆち潟と呼ばれる干潟だった。標高約16m。
周囲には桜小学校遺跡・桜台遺跡・六本松遺跡・元桜田町遺跡・桜台高校遺跡・桜本町遺跡など、弥生時代後期の遺跡が密集している。
滅失。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up