光正寺貝塚

読み方 こうしょうじ-かいづか
住所 緑区鳴海町字光正寺
場所 地図
時代 縄文・弥生・古墳・奈良・平安・中世
遺構 貝塚・遺物散布地
遺物 縄文土器片・石器(石鏃・石斧・石匙など)・黒曜石片・貝(ハイガイ・シジミ)・動物骨・弥生土器・土師器・須恵器・灰釉陶器他・山茶碗・軒丸瓦片
発掘調査 昭和3年(1928年)、雷貝塚の調査が始まって間もなく発見された。
発掘調査は行われていない。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
鳴海丘陵西端部の斜面上に位置する。標高約5-10m。
ハイガイ等で構成された小貝塚。畑地などに貝殻散布。
残存。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up