片山神社遺跡

読み方 かたやまじんじゃ-いせき
住所 東区芳野1・2丁目・白壁3丁目、北区芳野2丁目・大杉1丁目
場所 地図
時代 縄文早期~晩期・弥生・古墳・奈良・平安・中世
遺構 貝塚・土坑(弥生)・方形周溝墓(弥生後期)・炉跡・遺物散布地
遺物 縄文土器・石器(磨製石器・石鏃・打欠石錘など)・弥生土器(甕・壺・鉢)・石器・須恵器・山茶碗・打製石鏃
発掘調査 1930年代から知られていた。
昭和10年(1935年)頃から樋口啓治。吉田富夫らによって土器などの採集が行われた。
昭和38年(1961年)に内山邦夫らが調査。
昭和61年(1986年)第1次調査。
平成7年(1995年)第2次調査。
平成13年(2001年)第3次調査。
現状 片山神社・尼ヶ坂公園・住宅・その他
【メモ】
標高約15mの那古野台地の北端に立地している。
片山神社西側崖面で貝塚が見つかっている。
縄文早期の押型文土器が出土。中期末、晩期後半の土器がまとまって出土。
全時期を通じて住居跡は見つかっていない。
 

片山神社2

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up