断夫山古墳

読み方 だんぷさん-こふん
住所 熱田区旗屋1丁目
場所 地図
年代 5世紀末から6世紀初頭
形状・規模 前方後円墳 全長1151m・後円部経80m
出土品・遺構 周濠・土師質円筒埴輪・須恵質円筒埴輪・子持高杯片・川原石の葺石
発掘調査
現状 史跡として残存
【メモ】
熱田台地南部、西の縁近くに立地する。
古代、熱田台地の西は入り海だった。
周濠をもつ愛知県最大の前方後円墳、片側に造出しがある。
三段構成だったとされる。
内部構造はまったく知られていない。
残存。国指定史跡。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up