井守塚古墳

読み方 いもりづか-こふん
住所 瑞穂区軍水町1丁目
場所 地図
年代 7世紀前半
形状・規模 円墳・直径15m、高さ2.5m
出土品・遺構 土師器杯蓋・須恵器片・土師器・直刀・鉄鏃・金環・人骨(3体)・横穴式石室
発掘調査 昭和20年(1945年)、南山大学が調査を行った。
現状 住居・道路・その他
【メモ】
弥富丘陵の畝何先端に位置する。標高約4m。
横穴式石室を持つ。
宅地となり消滅。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up