曽池遺跡

読み方 そいけ-いせき
住所 南区呼続4・5丁目
場所 地図
時代 縄文・弥生・古墳・奈良・平安・中世
遺構 貝塚・井戸遺構・竪穴住居跡・遺物散布地
遺物 縄文土器・弥生土器(壺・甕・鉢・高杯)・土師器・須恵器・灰釉陶器・山茶碗・石器(石斧・石製紡錘車・石製模造品)・貝・動物骨・木器(舟、下駄、椀、弓等)・宋銭
発掘調査 昭和28年(1953年)、呼続公園造成工事の際に発見された。
昭和30年、名古屋大学考古研究室の支援で加賀宣勝が発掘調査を行った。
昭和49年、三渡俊一郎によって調査が行われた。
現状 曽池公園・野球場・富部神社・その他
【メモ】
笠寺台地の西端近くに立地する。標高約10m。
曽池貝塚と富部神社遺跡を合わせて曽池遺跡と改称。
野球場となり壊滅。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up