新宮坂貝塚

読み方 しんぐうざか-かいづか
住所 熱田区神宮2丁目
場所 地図
時代 縄文早期~・弥生・古墳・奈良・平安・中世
遺構 貝塚
遺物 縄文土器片(粕畑式/早期)・貝(ハイガイ・カキなど)・山茶碗・土師器・須恵器
発掘調査 昭和23年(1948年)頃、個人商店の改築工事の際に発見された。
北村斌夫が土器や貝殻を見つけた。
調査は行われていない。
現状 円通寺・住宅・道路・その他
【メモ】
熱田台地南東縁に位置する小貝塚。標高約5m。
新宮坂町貝塚とも呼ばれていた。
貝はハイガイを主体とする。
縄文早期の土器片が出土している。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up