岩井通貝塚

読み方 いわいどおり-かいづか
住所 中区松原1丁目
場所 地図
時代 縄文・弥生・中世
遺構 貝塚
遺物 縄文土器・石器(石鏃・石刀片など)・弥生土器・埴輪片・製塩土器片・山茶碗片
発掘調査 昭和28年(1953年)の道路新設の際に発見された。
詳しい発掘調査は行われていないため詳細は不明。
現状 道路・住宅・その他
【メモ】
那古野台地(熱田台地)西縁部に立地。標高約5m。
南東200mに旅籠町遺跡がある。
岩井町貝塚、水主町貝塚とも呼ばれた。
貝塚はハマグリが主体。
一部残存。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up