おどり山古墳

読み方 おどりやま-こふん
住所 瑞穂区村上町1・2丁目
場所 地図
年代
形状・規模 円墳・直径35m(40mとも)、高さ6.5m(3.6mとも)
出土品・遺構
発掘調査 昭和4年(1929年)、小栗鉄次郎が調査を行った。
現状 村上神社
【メモ】
瑞穂台地の東縁に立地する。
まごく山古墳、おどと山古墳とも。
墳丘の周囲を崩して石垣で囲い、頂部に村上社を祀る。
残存。

HOME 〉 古墳・遺跡 〉

Scroll Up