中根遺跡

読み方 なかね-いせき
住所 瑞穂区軍水町2丁目
場所 地図
時代 弥生・古墳
遺構 遺物散布地
遺物 銅鐸
発掘調査 明治3年(1872年)、中根村仁所で道路工事の際に丹羽利吉が銅鐸を発掘した。
現状 住居
【メモ】
弥富丘陵の突端斜面で、天白川を望む景勝地だった。標高約10m。
中根銅鐸の出土地。
銅鐸は三連式に属し、高さ85cmの中型。

HOME 〉 弥生時代 〉

Scroll Up