名古屋城三の丸遺跡

読み方 なごやじょうさんのまる-いせき
住所 中区三の丸1丁目~4丁目
場所 地図
時代 縄文・弥生・古墳・奈良・平安・中世・近世
遺構 竪穴住居趾(弥生)・土抗(弥生)・方形周溝墓(弥生)・遺物散布地・城館跡
遺物 縄文石器(打製石斧・磨製石斧)・縄文土器片・弥生土器(壺・甕・鉢)・弥生石器(磨製石斧片)・土師器・須恵器・灰釉陶器・山茶碗・中世陶器・近世陶器
発掘調査 昭和62年(1987年)愛知県埋蔵文化センターによる調査。
平成4-5年(1992-1993年)名古屋市教育委員会による第4・5次調査。
平成6-7年、第6・7次調査。
平成8年、第9次調査。
現状 三の丸庁舎・県警察本部・道路・その他
【メモ】
那古野台地北西端に位置する。標高約12-13m。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up