瑞穂遺跡

読み方 みずほ-いせき
住所 瑞穂区豊岡通2丁目・牧町1・2・3丁目・津賀田町1丁目・前田町2丁目
場所 地図
時代 縄文中期・弥生中後期・古墳・奈良・平安・中世
遺構 竪穴住居跡(縄文・弥生)・環濠・溝・方形周溝墓・遺物散布地
遺物 縄文土器・黒曜石製の石鏃・磨製石斧片・弥生土器(壺・甕・高杯)・勾玉・管玉・石器・青銅器・砥石・貝(ハマグリ・アカニシ・シジミなど)・銅鐸形土製品・オニグルミ・銅鏃・鉄鏃・骨製針・鹿角製銛・壺・人骨(室町)
発掘調査 昭和6年(1931年)道路工事の際に発見された。
樋口敬治・小栗鉄次郎・吉田富夫・藤沢一夫・北村斌夫らが調査した。
昭和26年(1951年)・27年・29年、南山大学の中山秀司が調査を行った。
昭和53年(1978年)以降、名古屋市教育委員会が8回の発掘調査を行った。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
瑞穂台地南東部に位置する。標高約10-15m。
縄文時代中期の住居跡。
弥生時代中期から後期にかけての大遺跡として知られている。
大規模な環濠が掘削されていることと、焼失住居が多いという特徴がある。戦闘で焼けたか。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up