瑞穂遺跡

読み方 みずほ-いせき
住所 瑞穂区豊岡通2丁目・牧町1・2・3丁目・津賀田町1丁目・前田町2丁目
場所 地図
時代 縄文・弥生
遺構 住居跡(縄文時代・弥生時代)・環濠・遺物散布地
遺物 縄文土器・黒曜石製の石鏃・磨製石斧片・弥生土器・オニグルミ
発掘調査 昭和6年(1931年)道路工事の際に発見された。
現状 住宅・道路・その他
【メモ】
瑞穂台地南東部に位置する。標高約10m。
縄文時代中期の住居跡。
弥生時代中期から後期にかけての大遺跡として知られている。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up