大曲輪遺跡

読み方 おおぐるわ-いせき
住所 瑞穂区山下通5 丁目
場所 地図
時代 旧石器・縄文・古墳
遺構 貝塚・縄文住居跡・土器棺墓・古墳時代縦穴住居跡・遺物散布地
遺物 旧石器時代の角錐状石器・縄文土器片・石器(石鏃・匙・石斧・剣・錘など)・土偶・土製耳飾・貝(ハイガイとアカニシが主体)・人骨3体(屈葬姿勢)・犬の骨・須恵器・土師器
発掘調査 昭和14年(1939年)名古屋市綜合運動場(瑞穂陸上競技場)建設工事の際に発見され、調査が行われた。
昭和54年(1979年)瑞穂陸上競技場の全面改修の際に名古屋市教育委員会によって発掘調査が実施された。
現状 瑞穂運動場・スタジアム・その他
【メモ】
山崎川に面する八事丘陵西端に位置する。標高7mほどの段丘面に立地している。
貝塚を伴う縄文前期と伴わない縄文晩期の2時期を中心とする遺跡。
名古屋で最大級の規模を持つ縄文時代遺跡で、愛知県内で初の国史跡に指定された(昭和16年、貝塚部分が国指定史跡)。
残存(埋め戻し)。

HOME 〉 縄文時代 〉

Scroll Up